医院名
あい皮膚科クリニック
院長名
寺井 典子
住 所
〒184-0002
小金井市梶野町5-11-5
メディカルモール ひがこ2F

電話番号
042-401-1955

診療科目一覧

皮膚科、小児皮膚科、美容皮膚科

  • アトピー性皮膚炎・水虫・いぼ・ニキビ・湿疹・とびひなどの皮膚科治療全般
  • 巻き爪・脱毛症の治療
  • シミ・しわ・たるみの治療
  • 肌のアンチエイジングなど美容皮膚科治療

一般皮膚科(できもの)

ほくろ

一般にほくろと呼ばれているものの多くは母斑細胞母斑(色素性母斑)という良性腫瘍です。極めてまれではありますが、メラノーマ、基底細胞癌などの悪性腫瘍の可能性もあります。ダーモスコピー(拡大鏡)を用いて、悪性と良性をある程度まで見分けることができます。


治療

外科的切除(手術)
色素が深い病変、およそ5㎜以上の大きい病変は手術を行います。局所麻酔を用い、10分程度の手術です。基本的に予約をいただきます。あらかじめ血液検査をしていただきます。(悪性を疑う病変の場合は、一部皮膚生検を行うか、大きな病院をご紹介させていただくこともあります。)

  • 経過
    手術当日は、出血を避けるために入浴は控えてください。翌日からシャワー浴になります。約1週間後に抜糸、テープで保護します。その後は、日常生活の制限はありません。手術痕は線状の傷跡になりますが、だんだんと目立たなくなります(体質や部位により、残りやすい場合もあります)。

  • 料金
    目安 8,000~10,000円程度(保険が3割負担の場合)


CO2レーザー治療(保険治療)
引っかかって困る、もしくは視野に入って邪魔などの、隆起した病変は健康保険範囲内でのCO2レーザー治療が可能です。

施術前

術後二週間

術後七週間

施術前

術後一ヶ月

施術前

術後1週間

術後2週間

術後2カ月

  • 経過
    痛みを和らげるために、麻酔のテープを貼るか、局所麻酔を注射してからレーザーを照射します。病変の一部を切除して病理検査を行います。残った病変をCO2レーザーで蒸散し、止血・仕上げます。深いほくろの場合は一度の治療で取りきれないことがあります。(一年以内の再発は無料で治療を行わせていただきます。)治療後は凹んだ状態になり、軽度の浸出液を伴うジクジクした傷になりますが、創傷治癒により、盛り上がり、治ります。(傷がふさがるまで10日から2週間ほど、被覆材を貼って処置します。)赤み、色素沈着は3ヶ月から6ヶ月ほど続きますが、徐々に消えていきます。

  • 料金
    目安 9,000円程度(保険が3割負担の場合)
    ※ほくろの部位や深さによっては手術適応になる場合があります。


CO2レーザー治療 (自由診療)
主に平坦な病変をCO2レーザーで除去する場合は、美容の目的が大きくなり、保険適応外の治療になります(医師が判断します)。

  • 経過
    痛みを和らげるために、麻酔のテープを貼るか、局所麻酔を注射してからレーザーを照射します。深いほくろの場合は一度の治療で取りきれないことがあります。(一年以内の再発は無料で治療を行わせていただきます。)治療後は凹んだ状態になり、軽度の浸出液を伴うジクジクした傷になりますが、創傷治癒により、盛り上がり、治ります。(傷がふさがるまで10日から2週間ほど、被覆材を貼って処置します。)赤み、色素沈着は3ヶ月から6ヶ月ほど続きますが、徐々に消えていきます。

  • 料金
    ~3㎜  10000円
    3~5㎜ 15000円

 ▲ページTOPへ 

にきび(尋常性ざ瘡)

にきびは90%以上の人が経験するもので,病気ではない、と考えられる傾向にありました。また,欧米と比較し軽い症状がほとんどを占めることから,「にきびは青春のシンボル」とされ,医療機関への受診率は1割程度といわれています。当院では、保険診療をベースとして、自由診療も行っており、治療の成果を上げています。にきびは1つあっても気になるものです。悪化すると、にきび跡(瘢痕)になるケースもあります。にきび跡の治療も行っていますが時間と費用がかかりますので、跡にならないように、早い段階からしっかり治療していくと良いと思います。 

原因としては、2つの要素、男性ホルモンとアクネ桿菌です。男性ホルモンであるアンドロゲンの作用(女性でも副腎で産生される)により皮脂腺の分泌が多くなります。皮脂は毛穴から外へ排泄されますが、毛穴の出口に角質増殖が起こると、毛穴がふさがって皮脂がたまり、面皰ができます。これにはやはり、男性ホルモンや常在するアクネ桿菌が関係します。面皰はにきびの初発疹であり、にきびのもとになるものです。面皰が、紅色丘疹(赤いブツブツ)、膿疱(膿んだブツブツ)へ進行します。
このほか、遺伝的素因・年齢・ストレス・化粧品などの内的、外的因子が複雑に関与します。

治療の基本は、毛穴につまった脂を取り除くことと、アクネ桿菌に対する治療です。


保険診療

  • 内服療法
    抗生剤(ミノマイシン・ルリッドなど)
    漢方(荊芥連翹湯、十味敗毒湯、桂枝茯苓丸など)

  • 外用療法
    アダパレン(ディフェリンゲル)
    過酸化ベンゾイル(ベピオゲル)
    抗生剤(アクアチムクリーム・ダラシンTゲル・ゼビアックスローションなど)

  • 面皰圧出
    ご自分でつぶすと跡になりますので、来院の際に、圧出させていただきます。


自由診療(美容皮膚科のページも参照ください。)

  • フォト(ライムライト)
    ニキビによる顔全体の赤みを少なくしていきます。シミやくすみにも効果が高いです。3~4週間おきに施術し、徐々に色調を整えていきます。ビタミンCのイオン導入がセットになっていますので、さらに美白効果を高めます。

  • ケミカルピーリング
    グリコール酸を使います。毛穴の詰まりや脂性肌を解消します。1~2週ごとに計5回を1クールとして、その後は1か月に1~2回のメンテナンスがおすすめです。

  • イオン導入
    ニキビの赤み・色素沈着を改善します。皮脂分泌も抑制します。ケミカルピーリングと同時の施術がおすすめです。

  • レチノイン酸外用
    ご自宅で外用していただくので手軽です。ニキビだけでなく、シミ・小じわ・毛穴の開き・ニキビ跡にも効果があります。

  • オリジナルビタミンCローション
    化粧水代わりに使っていただきます。ニキビの赤みを落ち着かせるだけでなく、シミにも効果があります。

 ▲ページTOPへ 

老人性疣贅(脂漏性角化症)

20歳代から出現し、60歳代では80%、80歳代でほぼ全員の人にみられます。老人性のいぼ(疣贅)です。顔・頭・体幹に多発する、2㎝くらいまでの灰褐色~黒褐色の隆起です。表面は、いぼ状・平滑・有茎状など種々で、手のひら・足の裏にはみられません。老人性色素斑(いわゆるシミ)と混在、もしくは、老人性色素斑から隆起してくることが多く、美容上問題となることもよくあります。


治療

液体窒素による冷凍療法(保険治療の適応です。)
1~2週間おきに来院していただき、液体窒素をふくませた綿棒をいぼに接触させます。いぼが次第にかさぶたになってきて剥がれ落ちていくことで、除去していきます。

【メリット】

  • 保険の治療ですので、費用が抑えられること。
  • 治療中、生活の制限はとくにありません。入浴・洗顔・お化粧など、自由です。
【デメリット】
  • 大きいものほど回数が必要です。つまり、1回では取れません。
  • かさぶたになる時に色が黒っぽく濃くなるので見栄えが良くないこと。
  • いぼが取れたあとに炎症後色素沈着がまずほぼ見られ、いずれ消えますが、これも見た目が美しくありません。


CO2レーザーによる治療(自由診療です。)
痛みを和らげるために、麻酔のテープを貼るか、局所麻酔を注射してからレーザーを照射します。いぼを削り取る治療法です。治療後は軽度の浸出液を伴うジクジクした傷になりますが、創傷治癒により、盛り上がり治ります。(傷がふさがるまで10日から2週間ほど、被覆材を貼って処置します。)赤み、色素沈着がでますが、徐々に消えていきます。

【メリット】

  • 1回で取れます。
  • 取れたあと赤みが出ますが、液体窒素による治療後の炎症後色素沈着よりも、仕上がりがきれいです。

【デメリット】

  • 自由診療です。
  • 治療後に10日から2週間ほど、被覆材を貼る必要があります。

 ▲ページTOPへ 

稗粒腫

皮膚の表面付近にできる直径1〜2mm以内の固い隆起で、中に角質が入っていて、白色の小さな粒のように見えます。顔、特に目のまわりに多く、また、小児や女性に多い傾向があります。


治療

圧出法(保険治療の適応です。)
注射針の先などで皮膚を小さく切り開いて、内容である白色の球状物を押し出すか、あるいは攝子(ピンセット)を使って取り除きます。

【メリット】

  • 保険の治療ですので、費用が抑えられること。

【デメリット】

  • きれいに取りきれないことがあります。


CO2レーザーによる治療(自由診療です。)
レーザーにて削り取る治療法です。

【メリット】

  • きれいに取れます。

【デメリット】

  • 自由診療です。
  • 治療後の傷は小さいのですが、1週間くらい被覆材を貼っていただいた方が良いと思います。

 ▲ページTOPへ 

粉瘤

粉瘤は皮膚の下に皮膚の袋ができ、その袋の中にアカ(角質)が貯まる良性の皮膚腫瘍です。中心に黒色状の開口部があり、これを臍と呼びます。臭うこともよくありますし、少しずつ大きくなってくることもよくあります。炎症を伴うと、膿がたまり、大きく腫れて痛むこともあります。良性のものですので、急いで切除する必要はないのかもしれませんが、小さいうちに切除してしまうのがお勧めです


治療

  • 炎症性粉瘤で排膿する必要がある場合は、切開し排膿し、可能な限り粉瘤の原因となる袋を取り除きます。メスで線状に切開するよりも、丸い穴で切開 (ほぞ切開)のほうがあとがきれいです。

  • 炎症を伴わない場合は、傷を少しでも小さくするために、当院においてはまず可能な限り、傷を少しでも小さくするために、中心部を丸く、くり抜く手術(くり抜き法、ほぞ抜き法)を行っています。粉瘤に小さな穴をあけ(皮膚生検トレパンを使います)、そこから内容物をしぼりだしたあとに、しぼんだ粉瘤の袋を抜き取る方法です。この方法であれば、傷跡が極めて少なくすみます。場合によっては縫合しなくてもすむことがあります。開ける穴の大きさは、粉瘤の部位・大きさにより変わってきます。

 ▲ページTOPへ 

石灰化上皮腫

石灰化上皮腫とは、文字通り皮膚の一部が石灰のように硬くなる良性の腫瘍です。腫瘍の上の皮膚が薄い場合には石灰化した部分が黄白色や少し黒ずんで透けて見えたりすることがあります。ほとんどの場合無症状ですが、押すと痛みを感じたりすることもあります。皮膚がんなどの悪性腫瘍との違いは、悪性の場合はさわって動かそうとしてもほとんど動かないのに対して、石灰化上皮腫は、指などで動かすことができます。

石灰化上皮腫がなぜ起きるのか、はっきりとした原因は不明です。一般的には、毛を作るもとになる「毛母(もうぼ)細胞」が間違って増えすぎることによってできるのではないかと考えられています。そのため「毛母腫」という別名で呼ばれることもあります。

比較的若い人、特に小児の顔、腕、頸などに発生することが多いようです。
自然に治ってしまうことはありませんので、治療は外科的な手術となります。

 ▲ページTOPへ 

ケラトアカントーマ

中年以降の人の顔面にできやすく、急速に大きくなります。直径2cmほどの腫瘍で、半球状に盛り上がり中央部がへこんでいて、硬い皮で覆われています(中央臍窩と呼ばれる角化性の丘疹)。2cmほどになると、自然に縮みはじめて消えていくことがよくありますが、かなり瘢痕の残ることもあります。有棘細胞癌と似ていることもあり、良性腫瘍であるという考えと有棘細胞癌の特異型とする説もあります。ケラトアカントーマが疑われたら、自然消退を確認するため経過観察するか、または皮膚生検する場合でも治療を兼ねて全摘出します。

 ▲ページTOPへ 

多発性毛包嚢腫(多発性脂腺嚢腫)

体幹や四肢に直径が1cm大までの大小の嚢腫が多発する疾患です。脂腺開口部の嚢腫なので、多発性脂腺嚢腫とも呼ばれます。ぷつぷつとした隆起で、粉瘤と似ていることもありますが、中央に臍がないことと多発していることで鑑別が可能です。良性腫瘍なので様子をみてもいいのですが、美容上の問題になることもあります。治療は手術的な摘出です。傷が目立たないように取り除く方法としては、3~4mmほどの小さめの穴を開けて(皮膚生検トレパンを使います)、少しずつ袋をくりぬいて取り除くのが良いと思います。

 ▲ページTOPへ 

老人性脂腺増殖症

中年から高齢者の、主に額・頬・鼻周囲に2~5㎜ほどのやや黄色調~白色の隆起(丘疹または小結節)です。表面は平らで、中央が臍状にくぼんでいます。ときに中央から皮脂を排出します。ひとつだけのこともありますが、多発することがしばしばです。男性に多いと言われていますが、女性にもよくみることがあります。女性のほうが気にされて受診されるからかもしれません。顔面の毛穴に開口する脂腺が成熟して、ブドウの房状に増殖しておこるとされています。脂腺が増殖する原因は、多くは加齢による皮膚の変化と考えられています。治療は、局所麻酔後にCO2レーザーで蒸散します。(自由診療です。)

 ▲ページTOPへ 

日光角化症(老人性角化症・老人性角化腫)

日光(紫外線)を浴び続けてきたことにより発症する皮膚疾患です。60歳以上の方で多く認められます。現在は有棘細胞癌の早期段階の病変(表皮内癌)と位置づけられています。転移を生じる危険性はなく、深部組織を破壊することもありませんが、一部は真皮内浸潤性の有棘細胞癌へと進展する危険性が出てきます。有棘細胞癌へ進展する確率は、1割とも2割とも言われています。高齢者特有の病気のため、高齢化社会の進行にともない、今後さらに増加することが予測されます。

紫外線の影響を直接受ける顔や頭がもっとも多く、手の甲などにも発症します。大きさは1~2センチほどの平らな赤い斑点で、表面にカサカサとした角質やかさぶたなどをともなう、赤くまだら状のシミとして見られます。紅斑型といわれ、最も多いタイプです。他に、色素沈着型(これはほぼ平らな事が多いですが、少々隆起しており褐色の斑点がまだらに生じてきます)、疣状型(隆起が大きくイボのようなに見え、皮膚の表面が角化して赤いことが多いです)などがあります。

信州大学名誉教授 斎田俊明先生が作られた日光角化症チェックシートです。


日光角化症チェックシート

A:次のいずれかに当てはまりますか?

  1. 60歳以上である。
  2. 仕事や趣味などで長時間、屋外で過ごすことが多かった。
  3. 肌が日焼けで赤くなりやすくて、あまり黒くならない。

B:顔や手の甲などに次のようなものがみられますか?

  1. 紅みを帯びたシミ。
  2. 表面が少しザラザラしていて、境界がわかりにくいシミ。
  3. 繰り返しジクジクしたり出血して、カサブタが付着している。
  4. カサブタのようなもので覆われイボ状になっている。
  5. 表面がカサカサしていて、少し盛り上がり紅みを帯びている。

※Aに当てはまる人に B のいずれかの状態がみられたら、日光角化症の疑いがあります。治療としては、切除あるいは液体窒素による凍結療法が一般的でしたが、最近イミキモド(ベセルナ)という塗り薬での治療が可能になりました。週3回患部にすり込むようにして十分に外用し、そのまま静置して8時間後に洗い流します。4週間塗布し、4週間休薬、必要であればさらに4週間外用します。(塗布後、塗った部位に紅斑(赤み)、痂皮(かさぶた)、落屑(皮膚の一部がフケ様にはがれる)などを伴うことがあります。)病変が大きかったり、数が多い場合は、CO2レーザーで蒸散する方法もあります。

 ▲ページTOPへ 

基底細胞癌

最も頻度が高い皮膚癌です。高齢者の顔面に好発します。原因として、日光や外傷、放射線、瘢痕などとの関連性もあります。眼のまわりや鼻、耳の周囲などに好発する黒色から灰黒色の盛り上がりで、ゆっくり増大するとともに中央が崩れて潰瘍をつくるようになります。また、辺縁では蠟様光沢のある灰黒色のぶつぶつ(小結節)が縁取るように配列するのが特徴とされます。以上のような症状は悪性黒色腫でもみられるため、視診だけでは鑑別が困難な場合もあります。ほくろや加齢によるイボと鑑別も要します。

治療は、外科的切除が基本です。転移は稀ですが、切除しない限り正常組織を破壊しつつ増殖しますし、また、顔面に好発することから、切除後の再建に形成外科的手技(皮弁や植皮)を要することが多いこともあり、早期の外科的治療が大切となります。

 ▲ページTOPへ 

皮膚線維腫

数㎜~2㎝くらいの、肌色~褐色調のやや硬い隆起で、大腿、腕によくできます。虫刺されや傷から発生することがあります。単発性が多いですが多発例もあります。圧痛を伴うことがあります。治療は外科的切除です。悪性腫瘍でないことが明らかな病変の場合は、経過観察でも問題ありません。

 ▲ページTOPへ 

軟性線維腫

首や脇の下に多発する1~2mm位で肌色~淡褐色の扁平~懸垂性の良性の皮膚腫瘍です。中年以降に多く見られるので、加齢による皮膚変化と考えられていますが、思春期以降の場合は肥満者の摩擦部位にできやすいため、物理的刺激も要因とされています。スキンタッグ・アクロコルドンと呼ばれることもあります。

  • 保険診療
    突出しているものは、ハサミによる切除を行います。盛りあがった部位は液体窒素による治療を行います。液体窒素による治療は、1回では取れませんので、一週間おきに取れるまで行っていきます。

  • 自由診療
    患部に麻酔をしてから、盛りあがった部位をCO2レーザーで削ります。
    ※液体窒素とCO2レーザーの治療の違いについては、老人性疣贅の欄を参照ください。

 ▲ページTOPへ 

粘液嚢腫

下唇にできる場合と、手足の指にできる場合があります。いずれも外傷がきっかけとなることが多いようです。10㎜くらいまでのドーム状の隆起で、ゼリー状の粘液が入っています。唇の場合は、CO2レーザーを使った切除が侵襲少なく良いと思います。仕上がりもきれいです。手足の指の場合は、爪の近くのことが多いので切除術は難しい部位です。18Gなどの針で穿刺し内容物を圧出する方法も良いのですが、1か月くらいでまた再発します。液体窒素で凍結療法を行う方法ですと、治癒例もあります。

 ▲ページTOPへ